なぜ読書が必要なのか


私はみなさんに、とりわけ文系の大学生に本を読むことを強く勧めています。

なぜ私がこのようなブログを始めようと思った方というと

私が大学生のころ、よく他の文系大学生は

  • 理系の学生から、単位が簡単に取れてうらやましい。
  • 自信も、単位がとれればそれでいい。
  • 教授からは常に就活厳しいと刷り込まれる。
  • サークルで飲んで騒ぐだけのバカたち。
これらのようなことから、とても文系ということにコンプレックスを感じていました。





でも実際に、文系は遊び放題だし、適当にやってれば単位なんか誰でも取れます。

したがって内容なんか頭に入っているわけがないし、みんなとの差なんかつくわけがない。





私はそんな大学生活に吐き気がしていました。

そんな中でも私は本を読み続けました。

ただなんとなく自分の好きな本を読んでいただけですが、

そんなとくふと、知らない間に他の学生とは、知識量も考える力も論理性も

優れているということに気付きました。(傲慢な言い方ですが)





私が読書を勧める理由はここにあります。

特に技術がつくわけでもなく、明確に他の人との差を認識することができない文系は、

その差を見せるには、自分がいかに頭が周りより切れるかをアピールする必要があります。


それを生み出すのが「読書」なのです。




騙されたと思って読んでみてください。本を。

読書があなたの知性を磨き、自信をつけてくれます。

そして今まで気づかなかった「知の旅」へ出かけましょう!